毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

子ばなれ、親ばなれできていますか?

人間関係

2016年10月14日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

先日、私の講座の参加者と話をしたのですが
興味深いことに気づきました。

 

 

その参加者のご両親はかなりの高齢で
そろそろ介護が必要とのことだったのですが……

 

その参加者は自己肯定感が低く、
「両親の介護は、私がしなければいけない」と
思い込んでいたのです。

 

これって、日本人に極めて多いのですが
自己肯定感が低い人の典型的な特徴なんですよね。

 

欧米では「20歳を過ぎたら大人」ですから、
子どもが親の面倒を見る必要はありませんし、
その逆もしかりです。

 

しかし、自己肯定感が低い人ほど
親ばなれ・子ばなれをできないのです。

 

その結果、20歳を過ぎたニートの子どもの面倒を
いつまでも親が見るといったことをするのです。

 

これって、

「自分よりも大きなカッコウの子に
せっせと餌を与えるムクドリの親」

のごとく恐ろしい光景なんですよ、
心理学の専門家から見ると。

 

あるいは、逆に高齢の両親の介護を
けなげに子どもがするのも同様です。

私からすると「蚊に寄生するマラリア」のごとく
恐ろしい状態に感じます。

 

このように、

「親ばなれ・子ばなれしないことが当たり前」

と思っている人は多いのですが、
それは自己肯定感が低いメンヘラの特徴です。

 

いや……それどころか、
親ばなれ・子ばなれしないことを
むしろ推奨する空気さえ日本にはある。

 

20歳を過ぎたのに実家にパラサイトしている
ニートの面倒を見ている親は
「けなげな人」として賞賛されることがあります。

 

また、高齢の両親の介護をしないと
「あの人は薄情な人」と批判されることがあります。

 

さて、ここまで読めば、
頭のいいあなたなら気づくと思います。

 

親の自己肯定感が低くて過保護・過干渉なので
子どもがずっとニートなわけです。

 

また、子どもの自己肯定感が低くて
「自分の人生を生きるよりも、親の面倒を見るべき」
と自己犠牲をしているのが問題なのです。

 

「なんとなく、家族の面倒を見ないと罪悪感がある」とか、
「家族の面倒を見ないなんて、ありえない」といった
価値観を持っている場合、気をつけてくださいね。

 

そういう人ほど親の介護をしていない他人を見て
怒りや嫉妬を覚える傾向があるのですが、
おかしいのは自分のメンタルだと気づいてください。

 

今日の内容を読んで、納得できない人ほど
自己肯定感が低く、メンタルが病んでいると
断言できます。

 

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ