毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

商品の魅力の伝え方が分からない、と困っていませんか?マーケティングの専門家の相馬一進が、売るのが難しい商品を売る方法を3つの動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

会社員が起業しないメリット

起業

2018年3月14日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

以前私は、会社員として優秀な人が起業しない理由について
書いたことがあります。

ご参考:優秀な人が起業しない理由

 

 

これについて、興味深いご感想をいただきました。

会社員として優秀な人が起業しない理由として、既に満たされており、忙しくて副業に取り組めないという理由もあるのですが、

起業すると(一時的には)年収ダウンになり、稼ぐ金額と自分の価値を同一視してしまうので、起業に今一歩踏み出せないという理由もあると思います。

また、外資系コンサルティング会社や上場企業など、世間的に知名度のある組織と自分の価値を同一視しており、それを離れることによる恐怖感もあるのではないかと感じました。

別に、組織から離れた事で人間的な価値が変わる訳ではないのですが。

ご感想ありがとうございます。

 

この方は「お金の心理学」の参加者なのですが、
心理について、とても鋭い洞察ですよね。

 

また、ご返信をお待ちしています。

 

上記はどちらかというとネガティブな理由ですが、
「起業しないのは、最先端技術に触れていたいから」
というポジティブな理由もあると私は思います。

 

私は起業しているので分かりますが、
起業をすると最先端技術に触れられないのです。

 

なぜなら、最先端技術って、大企業の商品開発部とか、
大学の研究室でしか触れられないからです。

 

たとえば、スマートフォンなどの新製品を触って、

「ああ、これが最先端技術か!」

と感動している消費者がいますが、
商品化されている時点で
すでに最先端技術ではありません。

 

最先端技術は、商品に組み込まれる5年以上前に、
大企業の商品開発部や大学の研究室などで
とっくに研究されているからです。

 

ですので、起業をしてしまうと、
最先端技術に近づけなくなるのです。

 

昔であれば、大学の研究室が最先端でしたが
今はグーグルやフェイスブックなどの企業が、
優秀な大学教授を自社に引き抜いています。

 

そのため、自動運転車とか宇宙ロケットの開発も
最近ではテック企業がしていますよね。

 

このように、優秀な大学教授が企業へ移り、
最先端技術を商品化していく流れは、
今後ますます加速していくでしょう。

 

たとえば今は、大学の教授から
ノーベル化学賞や物理学賞などが
たくさん選出されていますよね。

 

私は、これらのノーベル賞は
企業の中からたくさん選出される時代が
そのうち来るのではないかと思っています。

 

それこそ、青色LEDのノーベル物理学賞で
日亜化学工業の中村修二さんが選出されたように。

 

それゆえ、最先端技術が好きな人の場合、
会社員をやめてしまうと、
そこから遠ざかってしまうのです。

 

知的好奇心が強くて、かつ頭がいい人にとっては、
起業すると刺激が減ることでしょう。

 

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

商品の魅力の伝え方が分からない、と困っていませんか?マーケティングの専門家の相馬一進が、売るのが難しい商品を売る方法を3つの動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ