毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

両親との確執を解消するには

心理学

2017年1月14日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私のように、幼少期に親からDVされたような
機能不全家族で育てられた人間にとって、
「両親との確執の解消」は人生のテーマになります。

 

 

「赦(ゆる)し」の最初のステップは、
両親に対して怒りや悲しみ、無力感、不安、恐怖といった
負の感情をぶつけて報復をすることです。

※詳しくは過去に書いたので、
こちらの記事を読んでください。

ご参考:報復の法則

 

なぜ報復するかといえば、
いきなり両親を赦そうとしても、

両親に対して、怒りや悲しみ、無力感、
不安、恐怖といった負の感情が抑圧されていると、
赦したくても赦すことができないから、

です。

 

この際に必ずしてほしいのは、片方の親ではなく、
両方の親それぞれに対して同等に、
あなたの体に今も残っている負の感情をぶつけきることです。

 

仮に、DVしたのが父親だけだったとしても、
父親だけでなく、母親に対しても
しっかりと感情をぶつけきる必要があります。

 

なぜなら、DVを始めとする家族関係の問題は
片方が親だけが悪いのではなく、
両方の親が完全に同罪だからです。

 

ですので、母親に対しても、

「なんで、あなたは、お父さんのDVを
ずっとずっと放っておいたんだ!
私の人生がうまくいかないのは、あなたのせいだ!」

と父親にしたのと同様に怒りをぶつけましょう。

 

もちろん、母親はそう言われるのを恐れて、
ありとあらゆる手段で、それを妨害してくるはずです。

 

例えば、母親がするのは、こういったことですね。

 

・過去の話を出した途端に泣き崩れ、
 「どうか赦して欲しい」とすがって、
 あなたに感情をぶつけられる直前で話を止めようとする。

 

・「自分も被害者だ」と言い張り、
 父親など、自分以外の人に対して
 罪をなすりつけようとする。

 

・急に逆ギレして、なぜかあなたに罪をなすりつけようとする。

 

・認知症や記憶障害のふりをして、
 過去のことは細かく覚えていないように装う。

 

これらは、いずれも私が実際に体験したことです(笑)。

 

私からのお願いは、そういった妨害を受けても、
絶対にひるまず、両方の親に対して
過去の感情を伝えきってほしい、ということ。

 

その代わりに、私と約束してください。

 

ちゃんと過去の感情を伝え切って、
報復を終えたとしたら、その後はかならず、
本当に赦して、和解をすることを。

 

これはぜひ、ご両親が生きているうちに
やってあげてくださいね。

 

自分にとって、両親との和解が人生のテーマであるのと同じく、
両親にとって、あなたとの和解は人生のテーマだからです。

 

両親が生きているうちに和解することは、
両親への最高に幸せなプレゼントになります。

 

機能不全家族の親に対して、
あなたは人生で「2つのプレゼント」を
してあげられるのです。

 

1つ目は、あなた自身が生まれてきたという
誕生の喜びを与えてあげること。

 

2つ目は、あなたから赦してもらったという
和解の喜びを与えてあげること。

 

機能不全家族の親に対しては、
どちらも、同じくらい大きな喜びですね。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ