毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

子離れできないバカ親


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

さて、私が信じていることとして、
先生が言われてはいけないのは

「あの●●先生だから、できた(できる)んでしょ」

という言葉です。

 

 

なぜなら、この言葉の裏側にあるメッセージは、
「でも、私には無理です……」
だからです。

 

この自信喪失状態になってしまった時点で、
生徒は、もうすでに結果を出すことを諦め、
思考停止になっているからです。

 

その状態の生徒に、何回も
「あなたはできる!」
と先生が言ったところで、意味がないでしょう。

 

つまり、先生が

・自分の実績を生徒に自慢することと、
・生徒に「あなたはできる!」と言うことは、

多くの場合において、正反対なのです。

 

前者は生徒の自信を奪い、
後者は生徒に自信を与える、
典型的なマッチポンプですね。

 

※マッチポンプというのは和製英語で、
「マッチで自ら火事を起こし、それを自らポンプで消す」
という自作自演のことです。

 

つまり、問題を自分で作って、
自分でその問題を解決しているだけなのです。

 

ところで、前回のブログで、
一部の読者には「依存が悪」であるかのように
伝わってしまったので補足しておきます。

 

私は、人生においては、
依存が必要なステージもあると考えています。

 

例えば、まだ自転車に乗れない幼稚園児が
自転車の練習をするときに、
支えてくれる親を頼るようなものです。

 

初めは依存をしても、
最終的に自立すれば問題ありません。

 

ただ、私がセミナー業界を見ていて感じるのは、
もう自立できるはずの状態の参加者から
離れられないセミナー講師です。

 

・カウンセラーが、つながりの欲求を感じたいがために、
クライアントを依存状態にしているケースや、

・セミナー講師が、自己顕示欲を満たしたいがために、
参加者の自信を奪っているケースや、

・コンサルタントが、お金を欲しいがために、
クライアントに継続の顧問契約をしているケースです。

 

つまり、子離れできないバカ親と同じで、
人間関係への依存状態なのです。

 

特に、日本人はこの傾向が強く、
セミナー業界でも、同じパターンが出ているのです。

 

この場合、先生も、生徒も、
「そろそろ離れる時が来た」と認識して、
お礼を言って、離れるようにしましょう。

 

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ