毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

リサーチ方法による偏り


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

マーケティングをするときに、
「見込み客がよく見るメディア」を
リサーチしておくのは重要です。

 

 

たとえば、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、SNS、
YouTubeといったメディアのうち
どれを見込み客がよく見るのかわかったとします。

 

すると、見込み客が見るメディアに広告を出すなど、
いろいろなマーケティングができます。

(広告以外にも色々なマーケティングに活かせますが、
ここでは割愛します。)

 

このように「見込み客がよく見るメディア」を知るのは
とても重要なのですが、リサーチは簡単ではありません。

なぜなら、リサーチ方法によって、
結果に偏りが出てしまうからです。

 

一例をあげると、もしメールマガジンの中で
「あなたはメールマガジンを読みますか?」
というアンケートを取ったらどうなるでしょうか?

当然ながら
「100%の人がメールマガジンを読む」
という結果が出ますよね(笑)。

 

これはわかりやすい例ですが、
もう少し判断が難しい場合もあります。

 

たとえば、「あなたは紙のチラシを見ますか?」と
ラインを使ってアンケートを取るケースです。

ラインを使う人はスマホユーザーなので、
紙のチラシを見る機会は減っている可能性は高い。

 

そのため仮に「紙のチラシは読まない」という回答が
多数派であっても結果を鵜呑みはできません。

実際はチラシを見ている人も多いのに、
このリサーチ方法だと集計できないだけかもしれません。

 

ただ、具体的にどれくらいの比率の偏りがあるのか、
簡単にはわかりません。

 

つまり、結果に偏りが出るのですが、
その偏り方を調べるにはまた別の知識が必要なのです。

 

マーケティングの初心者はこういった盲点に気づかずに
おかしな方法でリサーチをしてしまいがちなので、
注意してください。

間違った前提から導き出した結果は、
すべて間違いになってしまいます。

 

ちなみに、正しくリサーチする方法を解説すると、
本一冊くらいの長さになるのでここでは書きません。

講座やセミナーで伝える場合があるので、
学びたい人は今度チャンスがあったときに
参加してください。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ