毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

ダサい商品名は売れる


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

先日、ある個人事業主の方から
次のような相談を受けました。

 

「今の自分の商品がいまひとつ売れません。
集客はある程度できていますし、
コンセプトや中身は悪くないと思うのですが……」

と。

 

 

 

 

それで、その商品の販売ページを確認して、
私はピンときました。

「あ、これは売れにくいだろうな」と思ったのです。

 

なぜなら、その人の商品が
ムダにカッコつけた名称だったからです(笑)。

 

その方は、自分のサービスを
海外音楽アーティストの曲名のような
英字で読みにくい名称にしていました。

結果、今ひとつとっつきにくい印象に
なってしまっていたのです。

 

この例に限らず、そういったカッコつけた商品って、
ほとんどのお客さんには響きません。

商品内容や価格は悪くなくても、
小難しいとお客さんの記憶に残りにくく、
商品の魅力も伝わりにくいからです。

 

では、その方に私がどのようにアドバイスしたのか?

 

それは「ちょっとダサい名称を付けるといいですよ」
ということでした。

 

多くのマーケッターが指摘している事実ですが
ちょっとダサいくらいの名称のほうが
商品はよく売れます。

 

たとえば、伊藤園の「おーいお茶」
という商品がありますよね。

 

あなたは、この商品名がかっこいいと思いますか?

はっきり言ってダサいですよね(笑)。

 

他にもコンビニなどで売られている
ヒット商品を思い出してみると大抵はダサいと思います。

 

ですが、それいいのです。

いえ、それいいのです。

 

ダサい名称は、一般の人にも意味が伝わり、
よく受け入れられます。

逆にかっこつけた商品名にしてしまうと
一部の専門家やマニアにしか伝わらない。

 

もちろん、美容品やアクセサリーなどを売るなら
かっこつけた名称でもいいのですが、
大抵の場合はダサいくらいのほうがいいのです。

 

こういった前提があるので、
私は自分の商品名やホームページも
そこまでカッコよくはしていません。

 

だからこそ、数千人を越える方に
様々な商品を購入していただいています。

 

あなたも商品名を付けるときは
ちょっとダサいくらいにするのがおすすめです。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ