毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

窓を開けてみては?


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

「離婚の調停中である」

「借金の返済で悩んでいる」

「家族が危篤状態だ」

 

といった大きな問題を抱えているときは、
作業に集中できなくても、仕方ありません。

 

 

ただ、そうではなく、
「とくに理由もなく集中できない」
という日もありますよね。

 

「何も問題は起きていないのに、
目の前の作業が手に付かない」
というときです。

 

そのようなときに、
自己啓発に毒されている人は、
ムダな行動をしがちです。

 

たとえば、
「やる気の出そうなポーズをする」
といったテクニックをよく使います。

 

ですが、こうした方法は迷信で、
効果がないことが分かっています。

 

※根拠をお伝えすると、2015年の
 チューリッヒ大学の研究などで、ポーズを変えても
 ホルモンに変化はなかったと判明しています。

 

こうしたバカバカしい方法よりも、
いくらか現実的な解決策があります。

 

それは、窓を開けることです。

 

なぜなら、人間は二酸化炭素の多い場所にいると、
やる気が低下して、行動力が下がるからです。

 

具体的に言えば、
室内の二酸化炭素濃度が1200ppmを超えると、
眠気を感じる傾向にあります。

 

これは動物の本能なので、逆らうのは困難。

 

そして、この1200ppmというのは、
部屋の換気を数時間していないだけで、
すぐに達してしまう数値なのです。

 

2000ppmを超えた場合には、頭痛や吐き気など
体調が悪くなるレベルですから、換気を怠っていれば、
調子が優れなくて当然なのです。

 

見方を変えれば、数時間おきに窓を開けるだけで
集中力の回復が期待できる、とも言えます。

 

もちろん、集中力には、
様々な要因が関係しています。

 

窓を開けたところで、
改善されないときもあるでしょう。

 

ただ、部屋の換気には、
デメリットがほぼありません。

手軽なわりに効果が大きいのです。

 

ですから、集中できないという人を見かけると

「とりあえず窓を開けてみては?」

と思うことがありますね。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ