毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

ビリーバビリティ

コピーライティン

2019年7月11日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

伝説のコピーライターと呼ばれたゲイリー・ハルバートは
「ビリーバビリティが重要である」と言いました。

 

 

ここで言うビリーバビリティ(believability)とは、
ザックリ説明すると信ぴょう性のことです。

 

より正確に説明すると、お客さんがコピーを読んだときに
「“これはありえない!”と思わないようにする」
というニュアンスです。

 

コピーライティングの世界では、お客さんはコピーを

1.読まない
2.信じない
3.行動しない

と言われています。

 

今日扱うのは、上記の「2.信じない」ですね。

 

普通は、自分の商品を使って得られる結果を
お客さんに信じてもらうために
色々な証拠をコピーに載せます。

 

・お客様の声(テスティモニアル)を掲載する
・メディア掲載歴を紹介する
・有名人の推薦文を載せる
・実績や職歴、学歴、肩書などを公開する
・デモンストレーションする

などなど。

 

こういった証拠を載せることによって、
信じてもらうのですね。

 

ただ、お客さんには「常識の範囲」があって、
それを超えてしまうと、どんなに証拠を羅列しても
信じてくれない場合があるのです。

 

それは、お客さんのビリーバビリティを
商品のベネフィットが上回ってしまったからです。

 

すると、信じてもらえないので、当然売れません。

 

その場合、どうするかというと、
お客さんのビリーバビリティの範囲内にするために
あえて過少申告するのです。

 

たとえば、自分が月収1,000万円を稼いでいても、
どんなに努力してもそれを信じてもらえない場合、
あえて月収500万円と低めに言うのですね。

 

実は私も、過少申告をするときはしばしばあります(笑)。

 

とくに、ビリーバビリティを大きく越える場合、
その文言を見た瞬間にウェブサイトを閉じられたり、
DMを捨てられたりするリスクがあります。

 

そのリスクを背負うくらいなら、
あえて過少申告をするということですね。

 

この点において、ゲイリー・ハルバートは天才的でした。

 

相馬一進

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ