毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

年商1億円の実態

起業

2021年5月26日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

マーケティングの世界には、
ビジネスの段階を分類している考え方が、
いくつかあります。

有名なのはアメリカのマーケターの
マイケル・マスターソンが、
ビジネスを次のように分類したものでしょう。

 

・幼年期(年商0~1億円)

・少年期(年商1億円~10億円)

・青年期(年商10億円~50億円)

・成人期(年商50億円~100億円)

 

 

「発達段階によって必要なことは変わるので、
自社のステージに合う活動が必要だ」
というのがこの考え方です。

マイケル・マスターソンは、
これらの段階ごとのポイントを丁寧に解説しています。

 

しかし、このビジネスの発達段階の話は、
不足もあると私は感じています。

それは、この発達段階が大雑把すぎることです(苦笑)。

 

上の分類を見ればわかるとおり、
年商0~1億円はすべて「幼年期」です。

するとほとんどの個人事業主や起業家は、
「幼年期」に当てはまってしまいますよね?

 

結果、小規模なビジネスをする人は、
「自分は何をしたらいんだ?」と
よくわからなくなってしまうのです。

 

かといって、ちまたの本や教材も、
ビジネスの発達段階について役に立つものは、
一握りしかありません。

「副業のはじめかた」「起業の仕方」などの
初心者向けすぎる内容が多いからです。

 

つまり、年商500万円~1000万円とか、
年商1000万円~3000万円など、
中間地点を解説する内容が不足しています。

 

こうした不足が起きるのは、
世の中の構造として仕方がないでしょう。

なぜなら、世の中の多数派は会社員だからです。

 

本、教材、セミナーなども、
多数派の会社員に合わせた内容になります。

大企業のマーケティング担当者か、
副業をする会社員などに向けた内容が
ほとんどになっているのです。

 

結果、少数派にあたる個人事業主や起業家は、
中間地点で停滞しがちになります。

 

「今の段階では何にフォーカスしたらいいのか?」
「次に何に投資したらいいのか?」
「自分のステージでは何を頑張ればいいんだろう?」

といった点がわからないのです。

 

少しの売上は立ちつつも、
何年も伸び悩む起業家が多いのは、
このような理由もあるでしょう。

 

だからこそ、こうした停滞をしている人に、
飛躍できる力を与えたいと私は考えています。

 

私が個人事業主や起業家に向けた
講座やコンサルティングなどを提供しているのは、
こうした理由があるのです。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ