毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

天才の嗅覚

自己啓発

2020年12月30日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

これは私の持論なのですが、
「ある分野の才能」が自分にあるかどうかを
手軽に見極められる目安があります。

 

それは、「その分野での良し悪しを
においを嗅ぎ分けるように判定できるかどうか」です。

 

 

つまり、頭で分析しなくても、
その分野での良し悪しをにおいで判断できるのが、
才能のある人の共通点なのです。

 

たとえば、あなたが
公衆トイレに入ったときを想像してみてください。

 

すると、感覚的に「くさいなあ」と感じますよね。

頭で分析はしないはずです。

 

「今の空気は、『くさい』と呼ばれる状態だ。
なぜなら、アンモニア臭がするからである」

などと、論理思考する人はいないでしょう(笑)。

 

それで、才能がある分野って
このトイレのにおいと同じように感覚で判定ができます。

 

一例をあげると、ライティングの才能がある人は、
文章を流し読みするだけで、良し悪しを判定しています。

文章がうまく書けておらず、引っかかる表現を、
「なんだかくさいぞ」と、感じ取っているのです。

 

そして、“におい”の元を嗅ぎ分けるように、
問題のある文章を見つけ出します。

 

もちろん、その文章の問題を他人に伝えたいときは、
論理的に説明するでしょう。

 

ただし、本人は感覚でとらえていて、
論理は後づけに近いのです。

 

これは、ライティング以外の分野も同様です。

 

デザインも、マーケティングも、プログラミングも
才能のある人ほど“におい”で判断しています。

 

“におい”が論理に先立つのです。

 

手前味噌ですが、セールスなど人並み以上の
パフォーマンスが発揮できる分野では
私も感覚で判断している面があります。

 

「あ、なんかくさいぞ?」

こんなふうに“におい”で察知できる分野が
あなたにはありますか?

 

もしあるのなら、その分野の才能が
あなたにはあるかもしれません。

 

ただし、この判定はあくまで目安に過ぎません。

 

なぜなら、自己診断だけでは、
専門家やお客さんとの“におい”のズレが
見極められないからです。

 

つまり、凡才以下なのに
「自分は才能がある!」と思い込むだけの
勘違い野郎になってしまう場合もあります(苦笑)。

 

勘違い野郎にならないためには、
やはり専門家からの助言が受けられる環境に
身を置く必要がありますね。

 

なお、今回は“におい”と書いてきましたが、
人によっては嗅覚ではない場合もあります。

 

・利益が出る商品が「光って見える」
 というような視覚でわかる人

・失敗しそうなプロモーションだと
 ゾワゾワするなど、肌感覚でわかる人

・このメンバーは不協和音だなど、聴覚でわかる人

 

いずれにしても、視覚・聴覚・嗅覚・肌感覚など、
論理ではなく感覚が先立つのです。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ