毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

株よりビジネス

ビジネス

2020年6月18日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

セミナーの参加者などを見ていると
「お金を稼ぎたいので、株について学んでいます」
という人がときどきいます。

 

 

たしかに、お金持ちになりたいなら、
株式投資を学ぶことも悪くはないでしょう。

 

しかし、私から見ると
「今のこの人に必要なのは、株の知識ではない」
と感じることもよくあります。

 

なぜなら、元手が少ない人が株式投資をしても
ほとんど上手くいかないからです。

 

というのも、世界的な投資のプロでも、
株式投資は年利20%を出せたら
十分成功と言われます。

 

なぜなら、世界一の投資家と言われている
ウォーレン・バフェットでも年利20%程度だからです。

元手が1億円あれば、1億2千万円になるのですから、
これは非常に大きい割合ですよね。

 

ただ、言い換えると、元手が100万円しかなければ、
上手に運用しても、1年間で120万円にしかなりません。

 

しかも、これは成功した場合です。

 

当然ながら、数十万円台に
値下がりしてしまう場合もある。

こう考えると、少ない元手で株に投資するのが、
いかにバカらしい行為かわかるでしょう。

 

世の中には「年利◯◯で運用できた」と
大きな実績をアピールしている投資家がいますが、
大半は運が良かった事例に過ぎません。

 

あるいは、365日朝から晩までトレードのために
パソコンの画面に張り付いていたような人で、
投資というより労働をしているのと変わらない。

 

ですから、ある程度の元手ができるまでは
ビジネスをした方がはるかに稼げますね。

 

ビジネスの場合、投資額の数倍以上の
売上が立つことがザラにあります。

 

たとえば、100万円の広告費が、数百万円以上の
売上になるのは、現実的に十分ある話です。

ここまで利回りの良い投資は、他にないですよ。

 

経済的に成功したいなら、株よりも先に
セールスやマーケティングを学んで、
ビジネスで稼いでください。

 

こういった話を聞いてもなお、元手もないのに
株の売買をはじめてしまう人がいます。

 

おそらく「楽して一発逆転できるのではないか」
という幻想を持っているのでしょう。

そういう人は、エビデンスのある心理学を学び
その考え方自体を今すぐ変える必要があります。

 

なぜなら、一発逆転を期待していると、
コツコツと努力ができないので、
ビジネスをしてもまるで成果が出ません。

かといって株の売買したところで、ギャンブルのように
大穴を狙って、一瞬で元手を溶かすだけです。

 

一発逆転を求めるメンタルが改善されない限り、
お金持ちになるどころか
日に日に貧しくなっていきますね。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ