毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

異業種に学ぶタイミング

ビジネス

2020年3月9日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

自分のビジネスを伸ばす方法を、
異業種から学ぼうとする人がいます。

たとえば、カウンセラーとして成功する秘策を
芸術の世界などから、学び取ろうとするのです。

 

 

すでに成功している人の中にも
異業種からの学びを推奨している人はいます。

 

私自身、異業種との交流でイノベーションが起きる
という以下の記事を、以前書きました。

ご参考:イノベーションを起こす方法

 

上記の記事は、フランス料理の技を
中華料理に取り入れたという事例で、
こうしたイノベーションは素晴らしいと思います。

そのため、「異業種からの学びが大切」
という意見には、私も同意できます。

 

ですが、この話には、
重要な前提があるとも考えています。

 

それは、「異業種に目を向けるのは、
業界内で一定のレベルになってからだ」
ということ。

 

言い換えると、開業して間もない人や、
ろくに稼げていない人は、
まずは業界内の先輩から学んだ方がいいのです。

 

実際、多くの成功者も、初期の段階では
業界内の先駆者をマネしています。

 

たとえば、『ジョジョの奇妙な冒険』で有名な、
荒木飛呂彦さんという漫画家がいます。

 

荒木さんは、日本の少年漫画家でありながら、
西洋の彫刻の技法を取り入れた
キャラクターデザインをしているそうです。

ただ、その特殊な技法に行き着いたのは、
プロデビューして数年が経ってから。

 

アマチュア時代から、デビュー初期までは、
日本の先輩漫画家の作品をマネして、
模写するように描いていたとのことです。

 

つまり、最初は業界内のやり方をマネして、
基礎力を身に着けていたと言えます。

基礎を徹底してから、さらに実力を伸ばすために
異業種の考え方を取り入れたのです。

 

ここに重要な本質があります。

 

荒木さんが、西洋彫刻のデザインを
日本の漫画に取り入れて、
より成功したのは事実です。

 

しかし、もし最初から西洋彫刻の手法ばかりを
追っていたら、そもそも日本の少年漫画家として
デビューできなかったことでしょう。

ただの彫刻オタクとして、
フリーターのようになっていたかも知れません。

 

基礎力ができていないと、
応用の技法を使いこなせないからです。

 

これは、ビジネスでも同様です。

 

ビジネスがある程度軌道に乗りつつも、
売上が停滞してきたのであれば、
異業種の新たな視点を取り入れてもいいでしょう。

 

一方、まだまともに稼げていないのであれば、
異業種を追いかけている場合ではありません。

 

基礎力が不足しているはずなので、
まずは業界内の基準を知って、
一定のレベルまで到達してください。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ