毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

師匠が弟子を潰すとき

人間関係

2018年1月23日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私がセミナー業界にいて感じているのは、
「弟子になるな!」、あるいは「弟子をとるな!」
ということです。

 

 

自分から進んで弟子になろうとする心理の1つは、
幼少期に親に認めてもらえなかった人が、
師匠という代理の親に認めてもらうことです。

 

それは、「私は親に認めてもらえなかった」という
自身の欠乏感を埋めようとする行為なのです。

 

もちろん、飲食業界のように、弟子入りしないと
まともに技術を教えてもらえない世界もありますので
すべてがこの限りだとはいません。

 

ただ、自分から進んで弟子入りしようとする人には
こういった心理がある場合が多いと私は考えています。

 

ですが、自分の欠乏感を埋めたいという願いは
叶わないことが多いでしょう。

 

それにはいくつか理由があります。

 

例えば、師匠が弟子の才能に対して、
「こいつは、私の才能を超えるかもしれない」
と恐れを感じてしまう場合があるのです。

 

そうすると、業界の伝統だとか歴史という言葉を使って、
「お前は、業界のことがよくわかっておらん!」と言って
弟子の才能をつぶしてしまうのです。

 

もし、師匠が弟子よりもはるかに優秀だったとしても
弟子をつぶす人はたくさんいます。

 

それは、その師匠の優秀さがべき論から来ているとき。

 

そのべき論の条件を満たせない弟子を
師匠は過小評価してしまうのです。

 

例えば、この動画を見てみてください。

これは、師匠の宮崎駿監督が弟子をつぶす瞬間です。

 

ご参考:【宮崎駿ブチギレ】宮崎駿がドワンゴ川上に大激怒

 

宮崎駿監督の中でのべき論では
許せないものに対して嫌悪感を持ち、
弟子をつぶしている瞬間なのです。

 

私は、宮崎駿監督は偉大な監督だとは思いますが、
アニメ業界でもっとも多くの弟子を
つぶしてきた人物だとも感じています。

 

今日のまとめ。

 

誰かに弟子入りをすることで、
師匠という代理の親から認めてもらおうとする人は、
その願いは達成できないでしょう。

 

弟子になる側も、師匠になる側も
こういった人間関係がもつれる心理は
よく理解しておいたほうがいいと思います。

 

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ