毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

本物 vs. 本質


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

「本質」と似て非なる言葉に、「本物」があります。

 

私はこれらを明確に使い分けていますが、
両者のちがいがわからない人がいるんですよね。

 

 

両者の意味は辞書にゆずるとして、結論から言うと、
「本物」という単語を使おうとする人ほど情報弱者で、
「本質」という単語を使おうとする人ほど情報強者です。

 

なぜ、情報弱者は「本質」ではなく、
「本物」という単語を使おうとするのか?

その理由は明々白々です。

 

なぜなら、情報弱者は枝葉末節かどうかがわからず、
「本質」が何かを“論理的”に判断できないから。

ですから、「本質」という単語を使えないのです。

 

では、情報弱者は何を元に判断するのかというと、
“論理”ではなく、自分の“感情”です。

自分の”感情が強く動いたものについて、
「これは“本物”だ!」「この人は“本物”だ!」と
考えるのです。

 

これこそが、情報弱者が「本質」ではなく、
「本物」という単語を使いたがる理由です。

要は、情報弱者は“論理”優位ではなく、
“感情”優位なのです。

 

ですから、情報弱者の人に対して、

「では、あなたが言うところの“本物”とは何か、
定義を“感情的”ではなく“論理的”に教えてください」

と質問すると、答えに窮(きゅう)するのです。

 

仮に答えられる場合であっても、

・「いやー、自分がすごいと思ったものです」

・「他の人とは違って、オーラがあるものです」

・「見た瞬間にゾクッとするようなものです」

と、結局、“感情”で回答するのです。

 

これは興味深いですよね。

 

“論理的”な定義をこちらは質問しているのに、
答えはなぜか“感情”になっていて、
話が噛み合っていないからです。

 

こういったところで、相手の論理力、
もしくは情報弱者の度合いがわかるわけです。

 

さて、何かの講師が、自分の講座 を販売した後に、
「なぜ、この講座に申し込んだんですか?」
と参加者に質問をしたとしましょう。

 

「●●さんの言うことが“本質”だと思ったから」
と答える人は“情報強者”の確率が高い。

 

「●●さんは“本物”だと思ったから」
と答える人は“情報弱者”の確率が高い。

 

また、講師が出すメッセージとかセールストークでも、
論理力もしくは情報弱者の度合いを判断できます。

 

「この講座では“本質”の情報をお届けします」
と言っている講師は“情報強者”の確率が高い。

 

「この講座では“本物”の情報をお届けします」
と言っている講師は“情報弱者”の確率が高い。

 

あなたが情報弱者になりたくないなら、
前者の講師から学びましょう。

後者の講師からは学ばないことをオススメします。

 

いずれにせよ、言語によって境界が生まれるので
こっち側の人間なのか、あっち側の人間なのか、
目の前の人が使う言語で判断できるのです。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ