毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

誇大自己だと批判される

心理学

2016年7月30日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

先日、誇大自己について書きました。

 

ご参考:誇大広告はなくならない

 

 

誇大自己とは、現実の自分に比べて、
自己認識が誇大化しているメンタルの状態で、
要は「身の程知らずのテング状態」です。

 

さて、昨今のインターネット時代って
自分の言動が他人に筒抜けになる衆人環視の状態です。

 

たとえばフェイスブックなどのSNSが代表例で、
誰かの発言が筒抜けになるからです。

 

そして、このインターネット時代では
誇大自己の状態だと周りから叩かれるのです。

 

・大して容姿が良くないのに、
 ナルシストな自撮りをしている人

・ビジネスで大した実績を出していないのに
 偉そうな発言(格言?)をしている経営者

・自分のことを棚に上げて、上から目線な人

 

どうでしょうか?

SNSでこういった誇大自己な人がいたら、
なんか腹が立ちませんか?(笑)

 

これはSNSだけでなく、出版でも同様で、
自分のことを冷静に客観視できないと
周りから批判されるのです。

 

たとえば、2009年に経済評論家の勝間和代さんが
『結局、女はキレイが勝ち』という本を出しました。

 

ご参考:『結局、女はキレイが勝ち

 

この本、Amazonで★1つのレビューが70個以上ついた、
とんでもなく炎上した本です。

 

レビューを読んでみると、誇大自己に関する批判が多いです。

 

以下、この本のAmazonのページからの引用です。

・肥大化しすぎた自尊心で他人の意見を聞かない
・こんな閻魔大王みたいな顔した人が、
 こんなタイトルで本書いても説得力ゼロ。
・ブスがこんな本を書いた勇気に星5つ
・勝間和代という人間の生涯そのものが、
 このギャグのための前フリだった
・世間を煽ってるとしか思えない表紙と書名に惹かれ、
 「どれだけナルシズム全開のひどい内容なんだろう」
  と、やや黒い興味で購入。

 

うーん、本の内容とは関係がない
人格批判のレビューが多くて、これはひどいですよね。

 

しかし、勝間さんのような誇大自己な人がいると
周りの人は「こいつ、テングになっているな」と
シャクにさわるのです。

 

ですから、よく周りの人から批判されるという場合、
自分のメンタルが誇大自己になっていないか
客観視してみてください。

 

このように、心理学の本質を知りたい場合、
私の講座「お金の心理学」へどうぞ。

 

こういった内容を伝えているコンサルタントは
業界では私くらいなものですし、

我流でメンタルを改善しようとすると
絶対に失敗するからです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ