毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

契約書は結ぶべき?

ビジネス

2019年9月22日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

「契約書を結ばないで仕事ができるような取引先と
一緒にビジネスをするとよい」
ということがよく言われます。

 

 

なぜなら、それは相手が信頼できる証拠であり、
一緒にビジネスをしたときにスピードも速く、
コストも少なくなるからです。

 

これは半分本当で半分ウソだと私は思っています。

 

半分本当というのは、その取引先がギバーで、
契約書を結ぶ必要がない人であれば
むしろ結ばないほうがいいからです。

 

契約書に書いていないことでも、
お互いに与え合って、より大きな結果が出せます。

 

契約書を結ぶことによって、
その内容に縛られてしまうんですよね。

 

一方で、世の中にはテイカーもいます。

 

そういう取引先は、契約書を結んだとしても、
その内容の穴を利用してだましてきたり、
おどしてきたりします。

 

「それなら、弁護士に穴をふさいでもらえばいいじゃない」
と思うかもしれませんが、それもなかなかむずかしい。

 

相手を見極めて、相手に合わせて
契約書の穴を完璧にふさげるような優秀な弁護士は
とっくに独立して成功しているはずです。

 

残念ながら、少なくない弁護士は、
取引からもたらされるリターンを正確に読めず、
リスクを最小化することばかり考えます。

 

また、相手がしたたかなテイカーの場合、
弁護士に契約書の内容をチェックしてもらっても
それでも穴をついてだましてくるのです。

 

分かると思いますが、結局のところ、
日本人対日本人の小さな取引であれば、
契約書らしい契約書なんて最低限でいいのです。

 

ですので、私の結論はこうです。

 

・相手がテイカーか、ギバーか見極める力をつける

・もし途中でテイカーであることが判明した場合、
 ローリスクで損切りできるような状況をつくる

・相手がテイカーでも、うまくやりとりする力をつける

 

 これらのほうが、契約書よりもずっと重要です。

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ